非常食で大切なのは水なの?

数ある保存食品の中には、水がないと調理が出来ない物があります。
これは多々あります。
その殆どは、乾燥系の保存食品になります。
一番わかりやすい例で言うと、「インスタントラーメン」がそれに当たりますね。
『インスタントラーメン』(笑顔)それで長期保存食品として優秀な部類に入ります。
しかし、お湯がなければ調理することが出来ません。
水があるだけではダメです。
その水を沸かす必要があります。
そのため、状況によっては食べられないこともあると言えます。
(汗)インスタントラーメン以外にもあります。
例えばスープ類全般も、お湯がないと作れませんよね。
また、乾燥パスタ、インスタントコーヒー、乾燥わかめ、紅茶などもそうです。
こういった食品は、お湯とセットでないと意味がありません。
~とは言っても、これらの食品が非常時に役立たないかと言うと、そうでもないようですね。
水の確保が困難な場合と言うのは、災害が発生した場合、細菌、伝染病などが発生している場合があります。
(笑顔)※(注意):ただし、水は他のライフラインよりも復旧は遅いと言えます。
水道が長期間止まる場合があります。
そうなると水源の確保はとても重要と言うことになります。
ですから、出来るだけ水を使わない保存食品も揃えておいた方が良いと言うことですね。
また、保存食品は乾燥している食品が多いですよね。
実際、乾パンなどの保存食品と言うのは、水なしでは殆ど食べられないと言えます。
(汗)そういう意味で言うと、水は保存食品と密接な関係があると言うことですね。
(笑顔)
http://www.hijousyoku.com/