医療レーザー脱毛での副作用

医療レーザー脱毛をしたときに副作用が出る場合があります。
そのうちの一つが赤み。
これは、毛根が焼けるときに周りのところが炎症してやけどをしてしまうことによっておこる現象です。
医療レーザー脱毛が毛根に熱を発生させる施術なので、軽度・重度関係なく赤みがでることが多いですね。
この赤みの状態はいくつかに別れるんですが、全体的な赤みは濃い毛が集まっているところに医療レーザー脱毛を行った場合によく表れます。
また軽い腫れがでることもあり、治るには1週間ほどの時間が必要です。
毛の穴のあたりにぽつぽつとできる赤みであれば、1日程度で治ります。
多くのものは自然治癒で治りますが、基本的に2週間たっても元に戻らないようでしたら、医師へ相談することをおすすめします。
レーザー脱毛器トリア使い方ヒゲ