住宅ローン借り換えタイミングと病気について

住宅ローン借り換えタイミングは、低金利の今がチャンスだといわれていますが、うつ等の病気を経験した場合の借り換えは可能なのでしょうか。
銀行の住宅ローンでは、団信保険や健康保険に加入できることが条件になっていることがほとんどですから、健康診査を通過できるなら、借り換え審査の通過も可能でしょう。
ただ、休職をした後で年収が下がっている、治療中で生命保険の健康診査に通過できない場合は難しいでしょう。
借り換えとなれば厳しい場合でも、金利の見直しや、一定期間、利息のみの返済に切り替えると言ったことは可能ですから、健康状態ややむを得ない事情が出来たときには、取引銀行に相談することをおすすめします。
返済総額が増えても、厳しい状態の時に延滞を出さずに済みます。
住宅ローン審査落ちた?基準落ちの理由!【審査甘いのに通らない?】